ジョエル・ロブション

12月 22nd, 2016

フランスの有名シェフ

ジョエル・ロブションは、フランスで有名なシェフとして知られています。
出身はポワチエで、15歳のときにルルドポワチエのホテルで見習いシェフとして働き始めました。

28歳のときにコンコルドラファエットホテルで総料理長に就任しています。
1976年にはフランスの国家最優秀職人賞を取得しています。

そして1981年に独立を果たして自身の店を開業しました。
ジョエル・ロブションは、世紀のシェフとしてレストランガイドに紹介されたこともありますし、1990年以降には日本のメディアでも取り上げられています。

日本では、フレンチの帝王、フレンチの神様などと言われています。
世界各国に店舗をもっているジョエル・ロブションは、ミシュランがドでは星の数が28個にもなっています。

ジョエル・ロブションの料理では真空調理法を取り入れて、これは電車内の高級レストランの調理方法とし、使うようになりました。
それ以降、真空調理方法を高く評価して研究をしています。

ジョエル・ロブションのフレンチ

ジョエル・ロブションは、史上最短でミシュランの星を獲得しました。
フランスを代表するシェフが世界中で多くの店を展開して、そのレストランのうちでも最高峰として生まれたのが日本の恵比寿にある、ガストロノミー「ジョエル・ロブション」です。

素材自体も最高級のものを使っていますし、その素材がもっているクオリティを彼の手によって最大限に引き出されています。
多くの魅力を引き出したモダンフレンチとしての集大成が味わえるお店になっています。

新しいスタイルのフレンチを、この日本で味わえるものになっています。
彼が持っている色々なテクニックを駆使したりょうりを、アラカルトでもコースとしてでも、日本人の口に合っているので堪能できるものだと思います。

また、ジョエル・ロブションのブディックと言われているベーカリーショップやケーキショップが併設されているのも魅力です。
彼は1996年には、最高の状態で現役を引退しています。
それ以降は料理人として動くのではなく、レストランのプロディユースを主に行うようになっています。

彼の考えは、料理人というのは50歳になると腕がどうしても衰えてくると言うもので、昔からこのようなことは口にしていたと言います。
それが実際50歳を迎えることなり実行した形になっています。
日本を含めて、世界中の人達から現役引退を惜しまれながらも、今もなお意欲的に活動していく姿は、若い料理人たちにも良い刺激を与えています。

フレンチを愛してやまなかったジョエル・ロブションは、今も料理に対しての裏方的な立ち居地で活躍しています。
数々の受賞や、ミシュランから取得した星の数は他の誰にもまねできない功績をのこしています。