家でデミグラスソースを作ってみた

作り置きしたいデミグラスソース

デミグラスソースを家で作ってみました。
デミグラスソースは大量に作り置きしておけば、さまざまな西洋料理のメニューにアレンジできますので、作り方を知っておくと料理の幅が広がります。

西洋の肉料理や煮込み料理によく登場するソースで、作り置きしておけばシャスールやボルドレーズ、ソースディアブルなどの調理が手早くできるようになりますよ。
日本でデミグラスソースというと、ハンバーグやオムライスなどの上にかける方法が一般的ですね。

デミグラスソースでタコライス

ひき肉料理が好きな人に人気が高いタコライスは、デミグラスソースで作ることができます。
今回ご紹介するタコライスは、1人分の分量です。

まず玉ねぎやニンニク5gをみじん切りしておき、熱したサラダ油適宜と一緒に炒めます。
火が通ったら、ひき肉(合びき肉)70gを入れて炒めてください。
ひき肉がパラパラになったら水80ml、トマトケチャップ15g、デミグラスソース100gを加えて煮込みます。

煮ている間に、紫玉ねぎ適宜をスライスし、レタス適宜を食べやすい大きさにちぎり、トマト適宜を1cm角くらいの角切りカットします。
市販のアーモンドスライス適宜は炒っておくとさらにおいしくなりますので、ひと手間かかりますが炒りましょう。

ターメリックライス200gをお皿に盛って、炒ったアーモンドスライスをその上にかけます。
タコライスはワンプレート料理にしますので、同じお皿にレタスなどの野菜も盛り合わせます。
レタスと紫玉ねぎを軽くあえたらターメリックライスの横に盛り、その脇にトマトを乗せます。

煮込んでおいたデミグラスソースにチリパウダー適宜と水煮のガルバンゾ豆100gをプラスしたら、味が馴染むようにさらに煮込んでください。
デミグラスソースもお皿に盛ったら、タコライスのできあがりです。

デミグラスソースでフェジョアーダ

フェジョアーダはブラジルのスープで、一皿で栄養を豊富に摂ることができる家庭の味です。
デミグラスソースで作ることができるので、高級レストランのメニューにもなっていますが、現地ブラジルでは誰もが食べているお馴染みの味です。

作り置きしたデミグラスソースがあれば比較的すぐに作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。
2人分の分量でご紹介します。

ソーセージ4本を1cm幅に小口切りし、厚切りベーコン50gを棒状にカットします。
これらをオリーブオイル少々で炒めたら、水煮缶のレッドキドニー200gを汁と一緒に加え、水50mlとデミグラスソース100gをプラスしたら少し煮込んでください。
最後は、塩少々で味を整えたら完成です。
あれば香草も入れると、味わいに深みがでます。

Comments are closed.