ジョージ・ブラン

ミシュラン星をもつジョージ・ブラン

レストランを8店舗、ミシュランから獲得した星の数は3つと言う、料理人として憧れる人が多い人物、ジョージ・ブランはフラングループのプレジデントです。
フランスではかなり有名なコックであり、彼の息子たちと一緒に行われているレストランも有名です。

元々、彼はエアーフランスのシチュワードであった彼は、その後に軍隊にも入隊しています。
25歳になった年には家の事業であったホテルの経営を引き継いでいます。

その後、コックになったあとには、1981年に初めてミシュランの星を獲得しています。
彼はフランスではとても影響力を持った人物でありますので、彼の活躍は料理人を目指す若者たちにとっては憧れでもあり、希望でもあります。

料理に対しての思い

ジョージブランは、リヨンが住んでいる町はリヨンと言う町に近いので世界のトップたちが集まるサミットには、何回か料理を提供しています。
サミットには、日本の首相をはじめとして世界中のトップが終結する中で振舞われた彼の料理は、高評価を得ることができました。

また、彼のワインセラーは世界のベスト5に入っているほどのすばらしいものになっています。
5000種類以上のワインが所狭しと収集されています。

料理人ですから、もちろん料理はつくりますが彼はそれだけではなく店に来てくれるお客様たちに挨拶を欠かしませんし、夜遅くまで働く姿勢を今までずっと貫いています。

朝も早くから動き始める彼の行き方には、ビックリする人もいるようですね。
彼の料理人としての顔の中には、プレス産鶏の大使というもう一つの顔があります。

ですから、彼のレストランで使われているお皿などのマークも全てが鶏になっているのです。
このプレス産鶏は、世界でも一番美味しいといわれているものなっていますので、この鶏肉を使い料理されたものは美味しいに決まっていると、彼の料理のファンたちは口にします。

今ではインターネットでも買い物ができるようになっていますので、もし興味があるのでしたら1度このプレス鶏を食べてみてはいかがでしょうか。
彼のもった最初のレストランは、スープしかありませんでしたが、彼の努力と人一倍働くことのたまもので、ミシュランの星も獲得し世界中で有名なシェフになったようです。

最初に出来たスープの味が忘れられなくて、そのスープだけを注文する古くからのお客様もいるようですし、これからの彼の活躍はまだまだ止まることが内容に思います。
料理人として、いろいろな感性をもっているジョージ・ブランですが、彼の今の年齢からみれば驚かされるほどの繊細さのある料理、そして彼の年をとってもなお活動的なパワーは、いったい何処からきているのでしょうか。

Comments are closed.