ピエール・ガニェール

ピエール・ガニュールについて

ピエール・ガニュールは、ミシュランガイド東京で6年連続して2つ星を取っています。
2016年のある一定の期間に行われた、世界三大珍味の一つになっている黒いトリュフをふんだんに使った特別なコースを提供しています。

この黒トリュフが出回ってくる時期には、ピエール・ガニュールがもつレストランでは多くのトリュフ料理が考え出されています。
フォアグラとトリュフのコンビネーションはフランス料理の王道とも言えます。
黒トリュフと手長えびとの組み合わせが、また絶妙で各素材がもつ風味を損なわないようにして調理することでは、ピエール・ガニュールの腕は長けているものになっています。

ピエール・ガニュールがコックとしてもつ素質中には、様々な工夫もなされていますが、メインのトリュフを引き立たせるような調理方法をしています。
また、料理にはシャンパンでふらんぺして混ぜることで豊に広がる香りが頼もしい食感を出しているものになっていますし、微妙な味のバランスを表現しているものになっています。

レストラン ピエール・ガニュール

世界中で、彼の名前を知らない料理人はいないほど3つ星シェフとして知名度のあるピエール・ガニュールですが、彼がプロデュースするレストランは、世界中の多くの人達に食べることの喜びを提供しているレストランピエールガニュールは、彼の類まれな背感性と、繊細で研ぎ澄まされたものから作り出される料理に、多くの人達は魅了されています。
また、料理だけではなくきめの細かいサービスや洗練された空間と、超高層ビルにあるレストランといったことで、息を呑むほどのとてもすばらしい景色を眺めながら食事ができることが特徴であり、魅力的なところであります。

価値のある時間と、価値のある料理を振舞うことが彼の目的の一つになっています。
彼はピエールガニュールと言う名前ですが、もう一つ「厨房のピカソ」とも言われています。

彼の作り出すメニューは、ものすごく独創的で更に芸術性が高いものになっています。
細かいところまで、気を配りながらこだわりをもち、更に味と素材の融合のさせ方は、他の料理人の想像をはるかに超えるものになっていて、とても独創的なものです。

彼の独創的な料理は、そのコース料理には日本の四季も多く織り交ぜながら作られています。
また、すべての料理のメニューはピエール・ガニュール本人が考え出していて作成されています。

開業は2013年になっていて、「ミシュランガイド東京」で6年もの間つづけて2つ星を獲得するという快挙をなしています。
彼のレストランで彼の思いの詰まった料理を口にすることで彼が日本をどれだけ愛しているかもわかると思います。

Comments are closed.