高澤義明

高澤義明とワイン

高澤義明は1976年に東京で産まれています。
彼の家系は料理人で、小さい頃からとても身近に料理がある環境で育ちました。

18歳のときに、調理師学校へと通い始めて卒業後は色々なジャンルのレストランで働きはめます。
料理人として、一つのジャンルにこだわらない彼は料理のほかにもワインに魅力を感じていき、料理人として働きながらワインスクールにも通いました。

そこで彼はワインソムリエの資格を取得しています。
更にその5年後にはシニアソムリエの資格まで取得しています。

高澤義明は2005年に会社を設立して、「株式会社トゥジュールヴェール」と言います。
また同じ年には赤坂にもお店を出しています。

その後彼は、東京を始めとしてフランスやドーハなど世界で活躍するようになっていきます。
2007年には世界的権威である「スペイン国際料理学会」に毎年日本人の代表として招待を受けています。

またこれだけではなく、メキシコの国際料理学会にも招待をうけています。
函館の料理学会で、立ち上げから彼は参加していますし海外から多くのトップシェフを日本と繋ぐという役割を行っています。
そしてこの活動が、海外のメディアに取り上げられて彼の店は世界のトップレストラン10にも選ばれています。

高澤義明の更なる飛躍

高澤義明はコック、ワインソムリエから更に飛躍を目指しました。
最初の店名を自分の名前をつかった名前に変えています。

新しい店名にリニューアルをした彼は、自身も更に高みへと飛躍していくときめたのです。
こうして彼は2013年には、第一回のサンペレグリノに選ばれました。

日本の良いところ、風土や人々そして伝統的な世界を改めて作り上げてモダンに供するといったテーマを掲げて、いろいろなジャンルの料理を様々な形で追及していきます。
一つのジャンルの枠にとらわれないかれの自由な発想でありオリジナルに徹して、料理に使われるお皿をはじめ、食材の一つ一つに至るまで、形も新しいものにして日本の文化に沿っているような料理をみなさんに提供しています。

今では、世界中から予約が殺到していて、なかなか取れないことでも有名になっていますし、東京でも最も高いレストランと言われているのも事実です。
彼が常にテーマとしている料理への思いは、日本人としての伝統的な世界をいかにモダンに供にするかということです。

一見偉大すぎて難しいと思われてしまいますが、1番の特徴としては洋食や和食といったジャンルの枠にとらわれない料理ということです。
こうした彼のオリジナルともいえる料理が、世界中のセレブたちの舌を魅了してきた結果、ここまで有名なレストランになっていったのでしょう。

Comments are closed.