1. >
  2. >
  3. 友人との飲み会にて

友人との飲み会にて

今みんながどんなことをしているのか

最近同窓会があったので行ってきました。同窓会なんてずっとやっていなかったので、結構長い間会っていなかった旧友たちとも会えて、すごく懐かしかったですね。学校に行っていた頃の思い出について話しているときは、そういえばそんなこともあったなぁなんてしみじみとしてしまいました。それから、今みんながどんなことをしているのか、結婚のこと仕事のこと…色々な話をしてきました。

私も、仲の良かった友人に自分の今の仕事に関する話をしました。「念願のコックになる夢をかなえるために努力している」と話すと、そうなんだ!とすごくびっくりされてしまいました。友人はみなそれぞれの道を歩んでいますが、努力と挫折の繰り返しだそうです。私自身、彼らの気持ちが痛いほどわかりますので、とても共感できます。

私の考えですが、友人と飲み会に行く際には、必ず友人の肩を持ってあげるといいと思います。なんだかんだいって、最後は気兼ねなく飲みたいものです。そこで馬鹿正直に無礼講を通してしまうことは、それだけあなた自身において不利な状況を作り出すことになりかねません。安易な行動は避け、相手の呼吸を読みましょう。

久々に集まる

そんな事はさておき、飲み会は非常に盛り上がりました。だいたい30人くらいが集まったのですが、筋肉がモリモリしていてとっても男らしいやつ、結婚したやつもいました。女の子も、学生のときと違い、とても可愛い感じになっていました。私はモテない系男子だったので、正直どうでもよかったのですが、みんなこうやって変わっていくんだなぁなんて思わず見渡してぼんやりとしてしまいました。
一際きれいな女性がいるなぁと思ったら、実はプチ整形をしたと自分で暴露していたのにはびっくりしました。二重にする手術をしたんだそうです。
整形も今は安いと話していたので後でこっそり調べてみましたが、15万円くらいでした。(二重埋没手術の費用 | 真崎医院
確かに見覚えの無い子だなと思いましたがびっくり…

こうやって同窓会を開いて久々に集まるというのはなかなか良いなと思いましたね。私からは言い出せませんが、また企画してほしいものです。

それから、同窓会とはまた別の日のことになりますが、なじみの友人から電話があり、二人で都心のバーで飲みに行きました。とってもおいしいカクテルだったので、銘柄を聞くと、マスターのオリジナルだそうです。友人はワイン関係の職場についていて、もうすぐ独立するんだと話していました。私が脱サラしてコックを目指しているという話をすると、背中を叩かれて笑われました。そんなに笑うなよと詰めると、ごめんと一言。相変わらず、学生時代から変わってないなと実感しました。

思えば、脱サラを決意したときも、同じように笑われました。嘲笑ではなく、歓迎といった雰囲気でした。「お前はサラリーマン向きの性格じゃないよ」と言われたこともあり、ある意味当然なのかもしれないと思いました。
みんな違う道を歩んでいますが、それぞれのゴールに向かって努力している事は同じです。私も、一流のコック目指して頑張りたいと思います。