1. >
  2. >
  3. 海外の味に触れてきた

海外の味に触れてきた

食べてばかりのお休み

レストランでお休みをいただくことができました。
本当であれば、パーっと海外旅行でも行きたいところなのですが、現実にはずっと国内で食べてばかりのお休みとなりました。

海外旅行に行けなくても、外国のフードを食べられるお店がないかと探したのですが、日本の物産展に興味が湧いたので、そちらに行ってきました。
外国の物産展もあったらうれしいのですが、さすがに空輸でその日に獲れた産地直送の食材を国内で食べられるような場所はないようです。

アンテナショップで現地の名産品

現在開催中の物産展情報を調べてみると、多くのデパートや百貨店で行われていました。
北海道や九州などの旬のフードと一緒に、観光展も開かれているので、旅行したような気分にひたってもらいたいということなのでしょうか。

物産展以外でも、近頃は各地のアンテナショップでその土地の名産がいつでも手に入るようになりました。
アンテナショップでも、その時期の旬の食べ物や名産品のイベントが開かれています。

離れた場所で本場の味を楽しめるイベントといったら、毎年恒例になったB-1グランプリなどもあります。
お目当てのフードを求めて一つの土地に旅行をするのではなく、全国各地から一カ所に集まってくれるので、1日のうちにさまざまなメニューを味わうことができます。
人気のあるイベントなので並ぶのは大変ですが、並んでいる間にちょうどお腹も空いてくると考えればちょうどいいのかもしれません。
B-1グランプリで全国的に名が知れたメニューは、その土地の物産展に行っても人気がありますね。

北海道の物産展

北海道の物産展がちょうど開催されていたので、いかめし目当てに行ってきました。
物産展は小さなスペースですが店内に食べられるところがある場所もあるので、お店ですぐに食べる一品と、自宅に持ち帰って食べるメニュー、北海道でしか発売されていないスイーツをゲットするつもりで家を出発しました。

店内で食べるように選んだのは、北海道産のうに丼です。
小樽などにある寿司屋さんのうに丼で、季節丼ということで数量限定です。
その日のうちに自宅でもう一品食べるつもりでしたので、一品目を早い時間帯に食べられるよう午前中に到着したところ、数量限定のうに丼にありつくこともできました。

器から溢れそうなくら新鮮なうにがたっぷり乗っていて、味も量も大満足です。
しかし、海鮮系だけでなく、近くの黒毛和牛にも目移りしました。
大きな和牛が器にぎっしり入っていて、カルビやステーキなどメニューも豊富です。

物産展は食事だけでなくスイーツの種類もいろいろあって毎回迷うのですが、今回は牛乳プリンにしました。
ふんわりとしたやさしい口あたりで、牛乳というよりチーズに近いコクのあるプリンでした。