1. >
  2. >
  3. 家庭用フライパンの購入

家庭用フライパンの購入

自宅用のフライパンを買いました

自宅で使うためのフライパンを購入してきました。
家庭用のフライパンは本当に価格の幅が広く、高いものは数万円もしますが、安価なものは500円で売られていました。

500円といってもセール品なので、日本のしっかりとしたメーカーの製品ですから問題ありません。
一人暮らしを始めたばかりの学生さんや社会人の方などには、十分なフライパンなのではないでしょうか。

買ったら最初にオムライスを作りたいと思ってお店に行ったところ、オムライス用のフライパンというものも店頭に並んでいて驚きました。
いろいろな調理をしたいので買いませんでしたが、オムライスが大好物な人で、レストランに行かなくても大満足の一皿を日常的に食べたいという方などによさそうだと思いました。

そういえば先日テレビを見ていたら、貧血気味の女性などは鉄製の鍋などの調理器具を使うとそこから鉄がにじみ出るので貧血予防になると言っていました。
私は特に貧血というわけではありませんが、それが頭の隅にあったので、鉄のフライパンも気になりました。
健康維持に必要な栄養素が調理器具から補えるなら、とても効率的ですよね。

サビやすいのではと心配になりましたが、鉄板で焼いたお好み焼きや焼きそばがおいしいことを思い出し、鉄製のフライパンはコンパクトな鉄板のようなものだと考えれば、1つ持っていてもいいかなあと迷いました。
今回のところは、とりあえず一般的な家庭用のフライパンを購入しましたが、鉄製も近いうちに買いたいです。

早速オムライスづくり

食材も一緒に買って帰ったので、新しいフライパンで早速オムライスづくりをしました。
ふんわりと仕上がりとてもおいしくできたので、フライパンにもオムライスにも大満足です。

ふわふわのおいしいオムライスを作るには、いくつかのコツがあります。
卵を混ぜるとき、ついついしっかりと混ぜたくなってしまいますが、オムライスは混ぜ過ぎない方がおいしくできあがります。
卵白は、切るようなイメージで行います。

バターは体によくないイメージがあるので、オムライスを作るときも少量しか入れない方が多いのですが、オムライスづくりのときだけはたっぷり入れるようにしてください。
卵料理の火力は強火というのが定説ですが、オムライスも例外ではありませんので強火にしましょう。

卵を入れたら一気にスピーディに仕上げますので、手でかきまぜるだけでなく、前後にフライパンも動かすようにすると、より早くかき混ぜられます。
フライパンの外側にいくほど卵が薄く、火が通りやすいので、卵の火が通っていない部分が外側にいくようにかき混ぜます。

中が半熟状態でも余熱で火は通りますので、しっかり火を入れ過ぎないうちにお皿に移せば、とろとろふわふわのオムライスができあがります。