1. >
  2. >
  3. アラン・デュカス

アラン・デュカス

料理人のアランデュカス

アランデュカスは、国際的な料理を作り出す人物です。
お客様の期待に添える料理として、質が高くありながらサービス精神を忘れずに常に最新の技術で、そして最高の料理を提供することに努めています。

また、アランデュカスは料理人でもありながらグループの会長も行っていますし、更にクリエイターでもあります。
とても厳格な実業家としてモナコやパリを含めた地で20以上のレストランを展開しています。

そしてこの世界各国で展開されているレストランでは、それぞれの土地にあった料理を提供しています。
この日本でもアランデュカスの店があり、日本人の口に合うような形で料理を仕上げて提供しています。

アランデュカスの新しい挑戦

パリに新しくできたお店、チョコレートの専門店ですがアランデュカスの店になっています。
工場でカカオ豆を仕入れて焙煎や粉砕更に精錬といった全ての工程を行っています。

この工場はそもそも自動車工場でしたが改造するまでに3年かかっています。
アランデュカスは、物の一つ一つに対しての工程がどのようなことのために行っているのかなどを真剣に考えて、それに合った機会を探してくるなど、彼の物作りに対する

真剣さと情熱がこのチョコレート工場から伝わってきます。
また、コックというものを辞めてしまったわけではなく彼の新しい挑戦としてこのチョコレート作りが始まったのです。

彼が作り出すチョコレートは、個々の好みや気分によって選べるようになっていますし、余韻のある香りが後を引くものになっていて、とても味わい深いものになっています。
チョコレート作りを含めて、彼が作り出す料理全てが彼独自の感性が出ていますし強いこだわりももっています。

人望のあついアランデュカス

彼が作り出す料理は、とてもシンプルですが洗練されています。
その料理に合わせているかのような斬新な店内も存在感があります。

日本の食材を多くフランス料理に使っているところも大きな特徴になっています。
料理に使う食材も、季節ごとに旬なものを使ってみたり日本でしか取れない食材などを多く使って、斬新な料理を提供しています。

料理自体はフランス料理になっていますが、使っている食材は日本のものなので、多くの日本人の舌にあった料理を食することができます。
それぞれの食材がもっている特長や、その食材がある産地の個性と特徴などを知り、上手にいかして料理に使っています。

若くして料理人になった彼のキャリアや、彼の右腕になっているフランクセルッティと10年以上の関係で、一緒に働いています。
そしてモナコの「ルイキャーンズ」では、副料理長を3年ものあいだ務めてたと言う経験をもっています。