1. >
  2. >
  3. ゴードン・ラムゼイ

ゴードン・ラムゼイ

シェフのゴードン・ラムゼイ

ゴードン・ラムゼイはシェフなら誰もが憧れる星を7つも取っています。
彼はしばらしいシェフですが、それだけではなくテレビに出ると毒舌なコメントをする人物として有名です。

ゴードン・ラムゼイはカリスマシェフとも言われていますが、実は彼は幼いころからコックになりたかったと言うわけではありません。
夢の職業はサッカー選手だったのです。

サッカークラブにも所属していましたが怪我のためにその夢を諦めなければいけなくなりますが、大学を卒業後に興味をもっていた料理を始めようと思い、ヨーロッパでもトップクラスのシェフの下で修行を始めました。
こうして彼はサッカー選手の夢は断たれてしまいましたが料理人としての新しい道を歩き出していきました。

修行人生から一流シェフへ

ゴードン・ラムゼイが最初に勤めたのがロンドンにあるレストランです。
どんなに厳しい修行を強いられても彼は頑張って修行を続けます。
修行をしていく中で、自分がどのような料理を作り上げていきたいのか、毎日の厳しい仕事の中ですこしづつ見出していき、将来への夢に向かって厳しいときにも、苦しいときにも耐えていきました。

そんな中、フランスにあるホテルで働かないかと誘われてフランスへと渡ります。
彼のすごいところは、どんなシェフのもとでも真剣に修行に打ち込むところです。

星をもらうラムゼイ

彼は修行を続けていった後に最初に働いたレストランのオーナーシェフとなるためロンドンへと戻りました。
そこで店をまかされてからミシュランの二つ星のレストランとして昇格したのです。

わずか3年足らずというスピードでした。
これが彼にとって最初に星がついたレストランになります。

それから彼は自分の店を持つと言う夢を抱き、31歳のときに自身の店をオープンさせました。
ここでもまた、ミシュランからの評価を受けて星を獲得しています。
この星の取得で、彼は料理人として自身をつけていきます。

出身がスコットランドと言うシェフとして初めての快挙でした。
アメリカのテレビ業界が彼に目をつけてテレビ出演をさせたところ、シェフを目指す若い人達に贈られる厳しい言葉を通り越して、かなりの毒舌をはききましたがこれがまた評価されていきます。

言葉の中に彼の熱心さと料理に対する熱意がこめられているその言葉は、シェフを目指す若者を勇気づけもしていたのです。
天才シェフと呼ばれている彼ですが、まだまだ成長していく姿は世界中の人達の舌を驚かせています。

彼が常に伝えようとしていることは、自分自身を快適な場所においていては何も成長しないことと、無難に行動していてはそれだけで終わってしまうということです。
彼が過去にしてきた苦しい修行時代の気持ちや、そこで得た多くの知識や料理に対しての感覚は、自身の苦労から吸収したものなのだということですね。