川越達也

川越達也の経歴

川越達也は日本の料理人です。
1972年生まれで、宮城県の出身です。

大阪のあべにある「辻調理師専門学校」を卒業していて、始めて自分で作った料理がチャーハンだと言われています。
川越達也の元々の夢は野球選手でした。

野球選手になるためには、まず身体をつくることから始めようとしてとにかくご飯を人よりも多く食べていたのですが、実際は期待通りの身体には程遠くそこで野球選手を諦めました。
そして料理人になろうと決めたのです。
彼が知名度を伸ばしたキッカケになったのは、「美食アカデミー」です。

キッカケがこれなので、多くのメディアに出演しています。
最初に勤めたお店がつぶれてしまい、その後はアルバイト生活をして生計を立てていたなどの苦労話もありますが、今では自分の店をもっていてその場所は東京都渋谷区代官山でレストランを開いています。
その店の名前は、「タツヤカワゴエ」になっています。
オーナーシェフとして様々な料理を作ってお客さんの舌をうならせています。

川越達也のブーム

川越達也は2011年頃からブームになり始めました。
料理人の番組は過去にもいくつかありましたが、彼は料理人の枠を超えていて料理人タレントとして様々な番組にでるようになっていきます。

また、テレビにでることで見られる笑顔は、「川越スマイル」と言われ数多くの女性たちの間で人気が上昇していきます。
川越達也は、料理人ではありますがそのイメージは芸能人と言ったほうがいいでしょう。

彼の店は大変人気があって、その予約も2ヶ月先まで埋まっているといった状況です。
予約がなかなか取れないのはもちろんのことですが、彼が作り出す料理の価格も高いものです。

昼と夜とで、その価格に違いがあり夜の方がより高めに設定されています。
これも有名は話ですが彼の店で出されているお水にも値段がつけられていると言うことです。
また、料理のほかにも彼の名を前面に押し出したレロルトのパスタのプロデュースをしていますしキッチングッズもプロデュースしています。

川越達也の料理

彼はこれまでに2度の結婚をしています。
そして2回とも離婚をしています。

彼は料理を作るうえで、ワクワクした気持ちや楽しんでもらいたいといった気持ちになってもらいたいと考えながら調理しています。
メニューの全ては彼自身と、彼の店で一緒に働いているシェフと二人で考えていて、料理の名前もユニークなものがつけられています。

フレンチやイタリアンの名前には似つかないような名前のメニューは、川越シェフならではのユニークさが出ているものだと思います。
シェフ、コックとして成功をおさめた彼の料理は確かに一流で美味しいと評判も高いものです。
斬新で温かみのある料理を是非味わってみて欲しいと考えます。