1. >
  2. >
  3. 業界用語いろいろ

業界用語いろいろ

飲食界では常識の業界用語

どんな職場や専門分野にも、その世界でだけ通じる業界用語があるのではないでしょうか。
外部の人が聞いたら何のことを言っているのかわからない業界用語は、仲間内通しでのやり取りをスムーズにさせるものから、お客様に知られては困る発言を隠すものまでいろいろあります。

現在はコックとしてレストランに勤務していますが、飲食界は他にも居酒屋やファミレス、喫茶店などあります。
そんな飲食界で使用されている業界用語について、今回は取り上げてみます。

業界用語の具体例

飲食界で聞かれる「アイドル」は、テレビや雑誌で目にするカワイイ女子とは全く異なる意味合いです。
アイドルタイムと言われることもあります。

飲食店はランチとディナーにお客様が集中するので、この間は極端にヒマになりがちですが、この空いている時間のことをアイドルと呼んでいます。
「あいだをとる(間をとる)」が短くなって、アイドルになったといわれています。

ランチにお店をオープンし、一度準備時間として店を閉め、ディナーに再び開店するお店がありますが、このようなスタイルは「アイドルタイムを取る店」といわれます。
途中で店を閉めないお店は、「通し営業」です。
「今日はアイドルが短くて疲れた」「アイドルだから休憩取ってきて」などと使われます。

「バッシング」は、一般的には非難を浴びたり攻撃を受けるなどの意味合いで使われる言葉ですが、飲食界では全く違います。
お客様が食べたお皿をテーブルからおさげすることを、バッシングといいます。
busという動詞が語源となっており、直訳するとウェイターやウェイトレスの助手を行うという内容です。

レストランのコース料理などを食べているとき、食事中でもお皿をさげてくれますが、これは中間バッシング(プレバッシング)となります。
まだ飲食界で働き始めたばかりのときは、お客様の接客業などに慣れていませんから、バッシングだけに専念するケースがあります。
バスボーイと呼ばれ、作業を分業し固定しているお店では担当者をこう呼んでいます。
バッシングだけでなくお客様の接客も行う人は、ウェイターやウェイトレスです。

山と川

飲食店で山や川といわれたら、その産地の食材かなにかだと思ってしまいそうですが違います。
品切れしている食材は「山」、オススメは「川」となります。

このように言われるようになった由来は、お寿司屋さんで海産物であるネタを切らしたときからだということです。
海の食材がない状態は山、オススメが川というのは、現在寿司ネタだけでなく他の分野の食べ物にも用いられています。
「本日の川は、○○」「○○が山なので、お客様からオーダーを頂かないように注意して」などと使われます。