1. >
  2. >
  3. クリスマスの営業について

クリスマスの営業について

混雑が続くクリスマス

クリスマスというと、1年で最も多くの家族やカップルが外食をする日ではないでしょうか。
レストランとしても通常のメニューとは別に、クリスマスディナーなど特別な限定メニューを用意しますので、楽しみにしてくださることはこちらとしてもとても嬉しいことです。

クリスマス当日やイヴ、祝日である12月23日の天皇誕生日、その1週間前の土日などは特に混雑します。
予約が入っていたお客様がキャンセルすることもあるのですが、他の日と異なるのはすぐに「空席はないか」という予約の電話がお客様から入るので、全く休むことができなということです。
かきいれどきなので、感謝しなければいけませんね。

クリスマスメニュー

クリスマスメニューは、冬のそのシーズンの旬な食材を用いたお料理を堪能できます。
日本人だからクリスマスは関係ないという方でも、旬な食材を最大限に生かしたお料理なら文句もでないのではないでしょうか。

この時期は牡蠣がおいしいですから、オーブンで焼くなどして調理したいところです。
体が温まる野菜をふんだんに使用して、サーモンや真鯛を用いたクリーム系の魚料理はいかがでしょう。
クリスマスらしく七面鳥の肉料理は、赤ワインソースがよくマッチします。
食後にはやはり、クリスマスケーキも忘れたくないですね。

クリスマスというと肉料理が食べたくなるかもしれませんが、冬ということで魚介系もおいしい食材がそろっているシーズンです。

サンタさんの配達

クリスマスにレストランで食事をするお客様にとっては、室内に普段はないテーブルのキャンドル、クリスマスツリー、部屋の飾りつけなどがクリスマス仕様になっていることも楽しみの1つではないでしょうか。
かかっている音楽も通常とは別バージョンのチョイスですし、お料理を盛り付けるお皿、スイーツなどの飾りつけもクリスマスを意識したものです。
私自身そういったイベントが大好きですし、ご来店くださるお客様の満足そうなお顔を拝見するのも幸せな気持ちで胸がいっぱいになります。

飲食店によっては、店員さんなどの従業員がサンタクロースやトナカイなどといったクリスマスのコスチュームをするだけで、飛躍的に売り上げがアップするという話を聞いたことがあります。
そういえば、昔はサンタクロースの格好をした人がピザの配達をしてくれてビックリしたものでしたが、今では当たり前のようにみなさんコスプレをして仕事をしています。
お子さんなどは、サンタさんがピザを届けてくれたら喜びそうです。

遊び心というよりも、売り上げがあがるからという理由でオーナーさんが従業員みんなにコスプレさせているというお店もあるようですが、それでもやっぱりクリスマス気分を満喫できる、気持ちがホッコリとする街の光景です。